karilt.magazine

カリルトマガジン/新潟の不動産情報や、暮らしに関する役立つ情報をお届けします。

             

お役立ち 日常業務

換気扇の中に鳥が!自分でできる鳥対策

投稿日:

日々の業務に追われていてしばらく更新をサボってしまっていました。。

継続してブログを書くことは難しいですね(笑)


さて、最近弊社から収益物件を購入された方から連絡がありまして、「物件の換気扇に鳥が入ってきているようだから業者に見積もりを取らせたけど思ったより高くて・・・」とのことでしたので、内訳を聞いてみたら


「防鳥網付き換気扇フード  28,000円×2個」
「人工代 20,000円」
「高所作業車使用料 30,000円」

合計106,000円


・・・高い!(笑)

他にすぐに動ける業者さんがいなかったということと、幸い弊社から近い物件で換気扇内に巣もなかったので、サッと応急処置をしてきました。

長い脚立があって、高いところが苦手じゃなければ誰でもできますので、やり方についてまとめてみます。

ホームセンターで材料を購入

今回は応急処置なので、専用の換気扇フードや防鳥網ではなく、加工しやすい網を選びます。

換気扇2個分でしたら400円以下で購入できます。


それから留め具として大きめのクリップも必要です。

作業について

作業は2人で!

高所作業になりますので、安全確保のため必ず補助者の方と一緒に作業をしましょう。脚立を抑えてもらっているだけでも全然違いますから。

現地で加工しましょう

まずは換気口の寸法を測ってニッパーで網をカットします。

少し大きめにカットしました。網は簡単に折れますので、寸法に合わせて調整します。

実際に取り付けてみよう

すみません、、工程の写真を撮っていませんでした(泣)、でもまあ簡単な作業なので画像を参考にしてください。

クリップを入れる箇所にはニッパーで切れ込みを入れておきます。


最後にガムテープで補強して完成です!今回はガムテを利用していますが、アルミテープの方がより良いと思います。

さいごに

「見映えを良くしたい」、「長期間ノーメンテナンスがいい」、ということなら業者さんに依頼した方が良いですが、築古物件だったり応急処置レベルでよければこの作業でしばらく大丈夫だと思います。

DIY好きな方、またはより多くキャッシュフローを残したい不動産オーナーさんは是非ご参考ください!

-お役立ち, 日常業務
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした