karilt.magazine

カリルトマガジン/新潟の不動産情報や、暮らしに関する役立つ情報をお届けします。

             

物件調査

中古マンション購入前のチェック!「重要事項調査報告書」

投稿日:

中古マンションの購入前にチェックしておきたいことの一つが、重要事項調査報告書の確認です。

不動産会社が仲介、あるいは販売する不動産売買取引の場合、購入前に物件の重要なことが記載されている「重要事項説明書」をもって物件の説明がありますが、その内容の、特に数字に絡んだ箇所は重要事項調査報告書を基に作成しています。

さて、今回は重要事項調査報告書のチェックポイントをお伝えしたいと思います。

重要事項調査報告書のチェックポイント

重要事項調査報告書は分譲マンションを管理している会社が有料で発行してくれる書類です。管理会社の違いにより書式も異なりますが、内容はほとんど変わりません。

この書類でマンションの修繕積立金の金額や、長期修繕計画や大規模修繕の状況等、現時点でのマンションの状況がわかります。

修繕積立金の確認

マンション全体の修繕積立金がいくら位貯められているか確認してみましょう。

この金額が少なければ、将来の大規模修繕などの際に区分所有者に一時金を追加徴収される可能性もあります。それから管理組合が金融機関から借り入れをしているかどうかも押さえたいポイントです。
どちらかというと区分所有者に不足金額を直接請求するより管理組合が借金をしているケースが現実的ですね。

いずれにせよ重要な情報ですので必ずチェックしておきましょう。

その他のポイント

マンションの計画が分かる長期修繕計画・大規模修繕の予定やランニングコストが変わるかもしれない管理費等の改定予定

駐車場の有無や前所有者が使用している駐車場を継承できるかどうか、または様々な特記事項やペットに関してなど、この報告書で分かる重要な情報は多いです。

さらに、可能ならそのマンションの抱える問題やそれに対する議論や対応状況が判る「総会議案書」や「総会議事録」「理事会議事録」等も確認できたら尚良しです。

重要事項調査報告書の注意点

マンション購入前に、重要事項調査報告書を確認する際にいくつか注意することがあります。

記載内容に誤りがあることがある

ありえませんが、単純に記入ミスや、重要な決定や事項などが抜けていることがままあります。

また、事実と異なった明らかに調査不足の内容や、責任から逃げられる内容で記載されている、あるいはあえて記載しないこともあったりします。

こういったことは管理会社の大手や中小関係なくあります。判断が難しい場合にはそのマンションの購入を見送ることも考えた方が良さそうです。

不動産会社がきちんと取得していない場合がある

これは調査報告書が有料だからだと思うのですが、管理会社から口頭で確認するだけだったり、あるいは販売時に取得した報告書を契約時に使っている。または契約直前にならないと取得しないなど、、、

報告書が有料とはいえ、大体5,000円〜7,000円程度の金額しかかからないのに、その金額や手間を惜しんできちんと書類を取得しない不動産会社が一定数存在します。

中古マンションの購入を決める判断基準となる書類を取得していない不動産会社で契約をする場合は少し注意が必要かもしれません。

まとめ

重要事項調査報告書はそのマンションの運営状況が分かる、貴重な書類です。

検討できる中古マンションがありましたら必ず「重要事項調査報告書を見せてもらえませんか?」と不動産会社に聞いてみましょう。

その一言がマンションの購入判断に繋がりますし、不動産会社の判断基準にもなると思います。ぜひご活用ください。

-物件調査
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

事故物件と告知義務について

賃貸でも売買でもそうですが、ときおり相場よりかなり安い物件が募集されることがあります。ただ、その大半がいわゆるワケあり物件と呼ばれる事故物件であるケースが多いです。 ここでは事故物件について、と、その …

安心できる場所に引っ越ししたい!地盤や断層を調べる方法

日本は地震がとても多い国です。 「地震を知る統計サイト【揺れる日本列島】」によると、1990年01月01日から2016年11月30日までの期間で、日本列島では震度1以上の地震が75,233回観測されて …